年代記 ~ブログ小説~ 

「日記」
備忘記録的なもの

それにつけてもおやつはカール

トラックバックテーマ第2100回「一日で一番長く寝た時間はどれくらいですか?」が目に入ったのですが、今までで一番長く寝たのは高校生の時でして、たしかピアノのレッスンで、バッハの平均律とモーツァルトのソナタの演奏をけちょんけちょんにけなされて帰宅した後、「ふて寝してやる!」と土曜日の夕方4時頃床につき、「7時のニュースです」というテレビの音声で目が覚めるまで眠り続けたのが最高です。もちろん、7時のニュースは、月曜日の朝の話ですので、宿題をやらずに学校に行ってさんざんしかられました。
・・・って、いったい何時間だ?
「面白いから、起こさずにおこう」と思った母親も母親ですが、さすがに丸一日(あしかけ三日)寝ているとは思わなかったそうです。


さて、今回の連休ですが、ちょこちょこと忙しい。
ああ、そういえば、毎年こんなもんだった・・・と思い出しました。
連休中は、田んぼから国道を走っていく車を眺め、恨めしく思えたものです。
・・・それが、いつの間に、連休中の農作業の内容が変わっていき、震災で浜通り方面に遊びに行く車が減って・・・気がつくと、近所の誰も田んぼに出ていない。そうだ、みんな年をとったから。今までだと、連休中に田植えまで終わらせないと、まとまった農作業の時間がとれなかったのに、周りの人たちがいつの間に定年を迎え、気がつくと専業農家状態。連休は、お孫さんたちが遊びに来るので、農作業なんて誰もしません。そうすると、仕事から帰ってくると、いつの間にか田植えが終わっている・・・状態。
いや、絶対にそれだけじゃない。地球温暖化、と言われて久しいのですが、実感ではだんだん寒くなっている気がします。仕事に行かないとしても、連休に近い時期に田植えをしてもおかしくないのに、田植えの時期がだんだん遅れてきています。というのは、こんなに早く田植えができるまで稲が生長しないからなんですね。つまり、昔と比べて寒いんです。

(お、そんな風に論理を進めていいのかな?)

でも、そう考えると、そういえば「八十八夜に種まきして・・・」って、学校で習ったような気がします。朝顔とかひまわりとか、みんなそんな時期に種をまいていましたっけ。ことしは朝顔作りをしない予定ですが、去年は5月下旬に種まきをしました。やっぱり、寒いんです。平均気温としては高めに推移しているのでしょうが、暑い日と寒い日が極端で、平均すると高温・・・というのが、最近の傾向のような気がします。ときどき霜が降りているうちに、農作業は、ちょっと・・・ね。

というわけで(どういうわけ?)、明日はいよいよ、芽が出てきた種籾にコーティングをする作業に入ります。それがおわったら、いよいよ田植えです。今年は、実験的に普通の田植えはしません。肥料もドローンでまきます。採算度外視でなければ、こんな農業がうまくいくはずはありません。


という作業の片手間に、珍しくちょこちょこ書いています。まあ、近況報告、なんですけどね。


で、今日のタイトル「それにつけてもおやつはカール」ですが、先日<ブログの書き方>について書かれたものを読んでいたとき、『よいブログというのは、人が知りたいと思うようなことが書かれているブログで・・・(以下略)・・・悪いブログの典型は、何が書かれているかよくわからないブログです。たとえば、文章の最後に<それにつけてもおやつはカール>で結べるような文章を書いているようなブログは、典型的な悪いブログです』というような内容の文章が目に入りまして。
ああ、なるほど、うちのブログは悪いブログだなぁ。何が書かれていても、最後に<♪それにつけてもおやつはカール>と付け加えると、ちゃんちゃん、と終われるタイプの文章ですものね。
盛りだくさんな内容を(しかも、たいして内容のないものを)書き殴って終わり、というタイプの近況報告も、やめたいやめたい、とは思っているんですが、うまくいかなくって。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  

~ Comment ~


こんばんは。

ドローンの操縦、習得なさったのですね!
早い〜。

足掛け三日ふて寝なさったのはすごいです。
床ずれしそうな長さ(笑)

子供の頃から、いつまでも寝ているというのは夢でしたけれど、午後まで寝ていたことすらない私は小心者かも……。

コメントですら「それにつけてもおやつはカール」で結べますし、たいていの文章は、それでオチになりそうですよね。それが似合わないような素晴らしい文章、きっと内容はいいんでしょうけれど、日々通いたいようなブログではなくて、必要なときに検索するようなブログじゃないかしら。

私はcambrouseさんの記事、毎回楽しみにしていますよ。時々、激怒(?)しながら書いていらっしゃる勢いのあるものも「うんうん」と頷いています。
#316[2016/05/05 04:19]  八少女 夕  URL  [Edit]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
>
> ドローンの操縦、習得なさったのですね!
> 早い〜。
>
・・・悪文の見本みたいな文を書いてしまってすみません。スイスではどうなのかわかりませんが、日本ではまだまだドローンで種籾をまく、というところまで技術的には進歩していません。今年はどこかの誰かが挑戦したかもしれないのですが、前例のない話でして。ラジコンヘリすら飛ばしたことがない人間が、そう簡単にドローンの操作を覚え、種籾を均等にまくほどの実力がつくはずもなく、今年はトラクターで種まきです。操作に慣れた頃、肥料散布に挑戦する予定です。
来年はどうかな? と言う以前に、今日、種籾コーティングに失敗して、最初からやり直しと言うことになりました。
今頃、種籾が入手できるのは奇跡に近く、種籾が入手できなければ、もう時期が遅いので、どこかから苗をかき集めてきて通常の田植えをするしかありません。
・・・水加減さえ間違えなければなぁ・・・。


> 足掛け三日ふて寝なさったのはすごいです。
> 床ずれしそうな長さ(笑)
>
> 子供の頃から、いつまでも寝ているというのは夢でしたけれど、午後まで寝ていたことすらない私は小心者かも……。
>
これまでの人生で、そんなことはそれ一度です(キリッ)。
起こしてさえくれれば(目覚ましさえ鳴ってくれれば?)病気でもない限りちゃんと起きられます、たぶん。
高校生の頃は、イヤホンをして音楽をかけながら寝てしまうと、起きてみるとクビにコードが二重に巻かれているくらい寝相が悪かったので、床ずれの心配はなかったのですが・・・(←違)

> コメントですら「それにつけてもおやつはカール」で結べますし、たいていの文章は、それでオチになりそうですよね。それが似合わないような素晴らしい文章、きっと内容はいいんでしょうけれど、日々通いたいようなブログではなくて、必要なときに検索するようなブログじゃないかしら。
>
> 私はcambrouseさんの記事、毎回楽しみにしていますよ。時々、激怒(?)しながら書いていらっしゃる勢いのあるものも「うんうん」と頷いています。

・・・そういえば、最近怒ってばかりいるかも? 反省せねば。
#317[2016/05/05 21:07]  cambrouse  URL  [Edit]

こんにちは(^^)

あしかけ3日! なかなかしぶとく寝ましたね! まさにふて寝? 
私も若いころは夜通し仕事をした翌日は24時間くらい寝通したけれど、あれは若かったからだな~と思います。寝るのって、結構体力がいるというのか、若さがいりますよね。この歳になると、疲れていても眠れない^^; 

昔と違って、寒いかも! それ分かります(*^_^*)
5月なのに、あまりの寒さに床暖ちょっとだ入れたりします。今までさすがに5月になっても、なんてことはなかったのに。それなのに、暑い日は本当に暑い! 地球温暖化というのよりも、地球寒暖化、って感じですよね。ものすごく上がったり下がったりの気候に体がついていきません。

そして……「それにつけてもおやつはカール」かぁ。
あぁ、もう、うちのブログなんてそんなのばかりだなぁ。でもね、人が知りたいようなことが書いてあるブログってのは、調べ物の時にちょっと見るけれど、ずっと見るかって言うと、そうでもないかもしれませんね。う~ん、なんていうのか、「知りたいことを書いてある」からいいとは限らないような、「あれこれあるけれど、それにつけてもカール」でも、その記事を読んでいる時間、ほっとさせてもらったり、思ってもみなかったことを書いてあったり、面白がらせてくれたり、そのブログの管理人さんにちょっと興味を持ったり、そんなのでいいのじゃないかなぁ~って思うのですよね。
たかがブログ、そんな高尚なことやってたら、面白くないじゃないですか。しかもほんとに知りたいことがあったら、別の形で調べるかもなぁ~って。
だから、夕さんもおっしゃる通り、近況報告、十分楽しませていただいています(*^_^*) あ、反応は鈍くて済みません……
#318[2016/05/07 15:00]  大海彩洋  URL  [Edit]

Re: こんにちは(^^)

> あしかけ3日! なかなかしぶとく寝ましたね! まさにふて寝? 
> 私も若いころは夜通し仕事をした翌日は24時間くらい寝通したけれど、あれは若かったからだな~と思います。寝るのって、結構体力がいるというのか、若さがいりますよね。この歳になると、疲れていても眠れない^^; 
>
徹夜で一夜漬けをしたり、ふて寝をしたり・・・を反動なしにできるのも若いうちの芸当?かも、です。
今だと、ちょっとお昼寝をすると、夜眠れなかったり・・・。確かに、昔はそんなことなかった。
(というか、「この歳」がどのあたりなのか、ちょっとよくわからないんですが、大海彩洋さんのブログを見る限り、「いったいいつ寝ているの?」と思うほどのタフさ、うらやましく思っております。きっとわたしよりはお若いはず。)

> 昔と違って、寒いかも! それ分かります(*^_^*)
> 5月なのに、あまりの寒さに床暖ちょっとだ入れたりします。今までさすがに5月になっても、なんてことはなかったのに。それなのに、暑い日は本当に暑い! 地球温暖化というのよりも、地球寒暖化、って感じですよね。ものすごく上がったり下がったりの気候に体がついていきません。
>
それって、うちみたいな東北のど田舎だけじゃなかったんですね。
(我が家の「ど田舎度」・・・会社まで自家用車を使って往復約1時間半、という似たような条件なのに、うちの場合は公共交通機関がほぼゼロ---バスが朝の6時台に上り一本(一往復、でないところにチェック!)夜の7時台に下り一本、の一往復のみ。7時台のバスに乗れたとして、乗り継ぎ1回で会社には到着できますが、所要時間は片道2時間強。会社の飲み会になんて怖くて参加したくありません。)
我が家では6月まで「こたつ」が活躍しております。こたつと扇風機が同時に活躍する、というのが最近のトレンドです。
「寒い」に同意していただいて、なんかうれしいです。うちだけじゃなかったんだなぁ、って。

> そして……「それにつけてもおやつはカール」かぁ。
> あぁ、もう、うちのブログなんてそんなのばかりだなぁ。でもね、人が知りたいようなことが書いてあるブログってのは、調べ物の時にちょっと見るけれど、ずっと見るかって言うと、そうでもないかもしれませんね。う~ん、なんていうのか、「知りたいことを書いてある」からいいとは限らないような、「あれこれあるけれど、それにつけてもカール」でも、その記事を読んでいる時間、ほっとさせてもらったり、思ってもみなかったことを書いてあったり、面白がらせてくれたり、そのブログの管理人さんにちょっと興味を持ったり、そんなのでいいのじゃないかなぁ~って思うのですよね。
> たかがブログ、そんな高尚なことやってたら、面白くないじゃないですか。しかもほんとに知りたいことがあったら、別の形で調べるかもなぁ~って。
> だから、夕さんもおっしゃる通り、近況報告、十分楽しませていただいています(*^_^*) あ、反応は鈍くて済みません……

いえいえ、こんな亀更新ブログなのに、楽しんでいただいているのなら、こちらもうれしいです。こちらこそ、コメントを書きに出かけないで申し訳なく思っています。いや、何度かコメントしようとしたのですが、書いているうちに恥ずかしくなって引っ込めたことが二度三度四度・・・それこそ「それにつけてもおやつはカール」みたいなコメントなので。

コメントありがとうございます。
#319[2016/05/08 22:26]  cambrouse  URL  [Edit]

こんにちは。こないだ話した「ポーランド軍が活躍するゲームはないのか」ということですが、

ここ http://mas-yamazaki.blog.so-net.ne.jp/archive/c5377103-4

に詳しいです。(特に2009年12月5日、18日、2010年2月23日のところ)

あとわたしが知っているポーランド主役のゲームは、ストラテジー&タクテクス誌107号付録の「ワルシャワ蜂起」です。入手は難しいでしょうね。30年前の雑誌ですから。

実物を見たことがある(箱だけですが……)ゲームでは、「エンパイアズ・オブ・ザ・ミドルエイジズ」という海外ゲームをホビージャパンが和訳して販売した「帝国の興亡」というものがあります。そこでは中世のポーランド公国として、ドイツ帝国と対等に外交できるだけでなく、運がよければモンゴル、ドイツ、イギリス、フランス、ビザンチンといった国々を圧倒しヨーロッパに覇を唱えることも可能、という(困難の極みですが……(^^;))、ポーランドファンにとっては日ごろの鬱憤が大いに晴らせるデザインになってます。絶版でプレミアがついているうえルールが恐ろしく複雑なマニア向けゲームなのがなんですが。

「ゲーマー!」を書くに当たって資料を見ていたら面白くなって調べまくってしまった夜。自分は何をやってるんだろう(^^;)
#320[2016/05/09 22:25]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]

Re: タイトルなし

> こんにちは。こないだ話した「ポーランド軍が活躍するゲームはないのか」ということですが、
>
> ここ http://mas-yamazaki.blog.so-net.ne.jp/archive/c5377103-4
>
> に詳しいです。(特に2009年12月5日、18日、2010年2月23日のところ)
>
> あとわたしが知っているポーランド主役のゲームは、ストラテジー&タクテクス誌107号付録の「ワルシャワ蜂起」です。入手は難しいでしょうね。30年前の雑誌ですから。
>
> 実物を見たことがある(箱だけですが……)ゲームでは、「エンパイアズ・オブ・ザ・ミドルエイジズ」という海外ゲームをホビージャパンが和訳して販売した「帝国の興亡」というものがあります。そこでは中世のポーランド公国として、ドイツ帝国と対等に外交できるだけでなく、運がよければモンゴル、ドイツ、イギリス、フランス、ビザンチンといった国々を圧倒しヨーロッパに覇を唱えることも可能、という(困難の極みですが……(^^;))、ポーランドファンにとっては日ごろの鬱憤が大いに晴らせるデザインになってます。絶版でプレミアがついているうえルールが恐ろしく複雑なマニア向けゲームなのがなんですが。
>
わぁ!すごいですね!
「ワルシャワ蜂起」は別としても、「帝国の興亡」やってみたいです。だけど、自分がやっても、ナポレオン軍に負けるイギリス海軍・・・みたいな結末になってしまいそうですが・・・。(←そんなこと、覚えていなくてもいいでしょ?と言われても、かなり印象的な記事だったもので・・・。ごめんなさい。)


> 「ゲーマー!」を書くに当たって資料を見ていたら面白くなって調べまくってしまった夜。自分は何をやってるんだろう(^^;)
やっぱり、きちんと下調べが出来ているから、「ゲーマー」面白いんですね。本当に、毎週水曜日が楽しみで楽しみで・・・。
小説を読みながら、子どもの頃、近所のコインランドリーに置かれていたインベーダーゲームを思い出したり(洗濯が終わるのを待っている間に、ゲームをしている人のそばでじーっと見ていただけですけど・・・あのころは、そんなことをしていても、ゲームをしている人に怒られたりしなかったんですよね。いい時代でした。いや、単にちいさい子どもの特権、だっただけ?)、亡くなった父と五目並べやオセロゲームをしたりしたこととか、いろいろ思い出して感慨深かったりします。うーん、これから小説がどう展開していくのか、気になって仕方ありません。
それとは別に、ゲーム大会の記事も時々アップしてください。
・・・とかなんとか、どさくさに紛れてリクエストしていたりして。

コメントありがとうございました。
・・・自分の小説、まだまだ「ワルシャワ蜂起」までたどり着きそうもありません・・・。
#321[2016/05/09 23:54]  cambrouse  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#324[2016/09/22 00:07]     

鍵コメさまへ(Re: 拍手レス)


・・・うーん。
わたしは、ジョン=ケージの代表作は「4分33秒」だと思っています。良きにつけ、悪しきにつけ。
「人はそれを<自業自得>という」・・・かどうかはわかりませんが。

結局のところ、その人の「功績」は後世の人が決めるもの、でしかありません。
(たとえば、バッハの時代には彼よりもルイ=マルシャンのほうが有名だったし、モーツァルトよりサリエリのほうが有名だった・・・けど、現代では逆転していますよね? あ、後者は、鍵コメさんのブログの引用でもありますが。)

別の例で言うと、わたしの好きな作曲家の一人であるシェーンベルク(ジョン=ケージの師でもあります)ですが、戦前(って、第一次世界大戦のことですが)たくさんの名曲を書いているのに、戦後の「12音技法」で書かれた作品ばかり取り上げて演奏されることが多いですよね。もっとも、彼が「12音技法」で有名にならなかったら、「現代音楽」はどうなっていたことか・・・。

まぁ、あんな小説を書いているから、たぶんお察しと思いますが、不肖cambouse、一応は作曲の基礎は勉強しています。小説のクラリスのモデルになった子とは、同じ作曲家の門下生同士だったりします。(クラリスさん(仮)には才能があり、cambrouseには全く才能がなかった、というのは別の話ですが。)そんな自分ではありますが、やっぱり現代音楽の半分はおかしい世界だ、と思っています。よくいえば何でもありの世界で、以前コメントをくださった他の方も、「舞台の上で、楽譜をクチャッと丸めて捨てる」フルーティストの音楽会、のことを書いてきてくださったことがありましたっけ。それに比べたら、小説の中に出てくる「完全5度と完全8度の連続」なんて規則違反、かわいいものです。

・・・そーか。ジョン=ケージがベートーヴェンと同じ土俵で(鍵コメさんの言葉では「モーツァルトと」でしたが、厳密には「ベートーヴェン」が正しいと思いますよ)勝負している、というのは「一般教養」ではなかったんですね。うかつでした。
第4部を書くときは、作曲家列伝(?)もう少しかみ砕いた表現にした方がいいかもですね。


「現代音楽」の定義、大変参考になりました。
わたしは、個人的には、小中学生に音楽の授業はいらず、高校生(いまはほとんど高校に進んでいるので)に「音楽史(一般教養としての)」を教える程度で構わないと思っています。(「芸術鑑賞」でもいいのですが、テストで点数がつけにくいでしょう?)

コメントありがとうございました。わたしのほうも鍵コメでしたから、お返事がいただけないと思っておりました。
#326[2016/09/22 20:36]  cambrouse  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ