FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第二部」
第34章

第613回

 シャルロットは、冬休みのほとんどを寮で過ごした。主が戻った<きづたの家>には、あくまでもポーランドからの客人として訪問するにとどめたのである。それは、ドクトゥール=ド=ラ=ブリュショルリーの希望でもあった。
 2年7組を含む各学年の7組の少女たちのほとんどは寮で新年を迎えた。7組というのは外国から来たひとが大部分だったからである。だから、2年7組に編入される予定の転校生を最初に紹介されたのは、寮にいた同級生たちだった。
 マダム=ベルマンがその少女と一緒に寮に現われたのは、1月5日のことだった。マダム=ベルマンは、異例のことではあるが、その少女のために部屋替えを実施していたのである。12月の終わりに、フロランス=クールゾンは、新しくやってくるクラスメートと同室になるために、空き部屋になっていた新しい部屋に移ったのだった。というのは、イギリスからやってくるその少女は、フランス語よりも英語の方が得意だという話だったからである。
 しかし、現われた少女を見て、2年7組の少女たちは驚いた。てっきりイギリス人の少女が現われると思っていたかの女たちの前に現われたのは、東洋人だったからである。
「わたしは、十文字美那子(ジュウモンジ=ミナコ)といいます。よろしくね」少女は英語で挨拶した。
「ミナコ、わたしは食べる(ジュマンジュ)?」バルバラ=ヴィエニャフスカは思わず聞き返した。
 少女はほほえんだ。「・・・そう言われると思っていました。イギリスの学校でも、そう聞き返されました」
「インドから来たの?」フロランスが英語で訊ねた。
「いいえ。わたしは、日本人です」
「日本人?」フロランスはびっくりした。それから、かの女は自分が礼儀はずれなことをしたことに気づき、かの女に自己紹介をした。「ごめんなさい。わたしは、あなたと同室になるフロランス=クールゾンです。あなたの新しいクラスメートでもあるの。それから、かの女たちも、あなたたちの同級生よ」
 美那子は、少女たちを見回した。その目がシャルロットにとまった。「あら、あなたも?」
 シャルロットもほほえんだ。「ええ、わたしもそうです。シャルロット=チャルトルィスカといいます。ポーランドから来ました」
「まあ、遠いところから・・・」美那子はそう言いかけ、笑った。「あら、わたしのほうが遠いところから来たみたいなのに・・・」
 その場の全員が笑った。それで雰囲気が一度に変わった。
 フロランスは、その場にいたクラスメートたちを順番に紹介した。それぞれ自己紹介が終わるまでに、十文字美那子は<ミーナ>と呼ばれるようになっていた。
「あなたの目、とてもすてきね。まるでアーモンドみたい。それに、なんてきれいな肌をしているの。髪の毛だって、こんなにきれいな黒髪、見たことがないわ」バルバラがうっとりしながら言った。
「そうね、わたしの髪も黒いけど、こんなにさらさらしていないわ」フロランスも認めた。「日本人の女性って、とってもおしとやかなんですってね」
 美那子の目がきらっと光った。「・・・とんでもない。それは、噂に過ぎないわ。わたしは、あまりにもおてんばなんで、イギリスの両親から離れて寮生活を送るように言われて、ここにやってきたの。フランスに来て、シスターたちに教育されれば、少しはおとなしくなるんじゃないかって期待されたみたい」
「あなたは、イギリスで暮らしていたの、ミーナ?」フロランスが訊ねた。
「ええ。父がイギリス大使館に勤務していたので、家族でロンドンに住んでいました」そして、フランス語に切り替えた。「フランス語は、あまり勉強していないの。わからないことは、教えてね」
 そして、かの女たちは、フロランスと美那子の新しい部屋に行った。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ