FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第二部」
第35章

第634回

 シャルロットの話を聞いた男子生徒たちは、本選の会場にパトリック=ド=メディシスを強制的にでも連れ出そうと決心していた。しかし、パトリック自身は、強制されなくてもホールに足を運んだ。
 最初に演奏した最上級生のギュスターヴ=デュ=ベレーは、<ヴァイオリンの帝王>とまであだ名される実力者で、前回の優勝者でもあり、今回も優勝間違いなしと思われていた。その彼が選んだのは、一番得意なコンチェルトでもあるチャイコフスキーだった。彼は、ほとんどミスのない華やかな演奏をした。彼の演奏が終わったとたんに、控え室にいた男子生徒たちは、『・・・帰ろうか?』とささやきあったほどである。シャルロットが帰ろうと思わなかった理由は、コンクールそのものより、自分の演奏をパトリックに聞いて欲しいという強い動機以外の何物でもなかった。かの女だけは、コンクールの勝敗を全く気にしていなかったのである。もし、勝敗にこだわるのなら、もう少し自分の腕を見せつけるような選曲をしたに違いなかった。かの女は、内心では、ギュスターヴ=デュ=ベレーよりテクニックは上だと思っていたのである。そして、それは、かの女のうぬぼれではなかった。なんといっても、かの女はプロの演奏家としてステージに立っていたのである!
 シャルロットは、演奏が始まる前に、楽屋でラザール=ドランドと短い会話を交わした。演奏の内容に関してである。かの女は、たった一つだけ注文をつけた。それは、第二楽章と第三楽章の間に10秒以上の休憩を取って欲しい、ということだった。第三楽章は、オーケストラの序奏で始まる。だから、間の長さに関して、シャルロット自身には決定権がなかったのだ。
 ドランドは、シャルロットの依頼に対して、眉をつり上げ<どうしてだ?>と訊ねたそうな表情を浮かべた。
「・・・二つの楽章は、内容が違いすぎます。続けて演奏すると、その違いを意識させることができません」シャルロットが説明した。「その対比を意識させることができるのは、オーケストラの序奏だけなんです。お願いします、ドランド先生」
「わかった」ドランドが答えた。そして、彼はシャルロットにとって意外な一言を口にした。「がんばれよ」
 シャルロットはびっくりしたように彼を見つめた。彼の口元がわずかにゆるんだ。
 曲は、シャルロットのソロで始まる。悲しみのモノローグである。かの女のヴァイオリンはすすり泣いていた。観客は、もうそれだけで演奏に引き込まれた。コンチェルトというタイトルの割には華やかさが少ないこのコンチェルトは、難しい曲なのにそれと感じさせない音楽だった。楽譜を見ている審査員たちには、この曲の難易度がわかっていたが、どうしても技巧を見せつけるような華やかさがない分、審査をする上で不利なのは確かだった。しかし、ドランドとオーケストラは、可能な限りかの女の演奏をバックアップした。ただ、一つだけ、ドランドは致命的なミスをした。シャルロットが注文をつけた第三楽章の序奏は、シャルロットがイメージしていたよりほんの少しだけタイミングがずれた。シャルロットは、心の中で抗議の叫び声をあげた。《・・・ああ、はやすぎるわ・・・!》・・・しかし、演奏が始まると、かの女は、必死に希望の歌を歌い続けた。パトリックに届いて欲しいという思いだけを込めて・・・。
 演奏が終了したあとで、審査員室はもめた。ギュスターヴとシャルロットの点数は全くの同点だった。1位が二人いるのはかまわない。しかし、<サント=ヴェロニック賞>の受賞者は一人と決まっていた。どちらがグランプリにふさわしいだろうか? 審査員たちは、決選投票を行った。7人の審査員は、4対3でギュスターヴ=デュ=ベレーをサント=ヴェロニック賞受賞者と決めたのである。
 結果発表は、アルマン=リヴィエールが行った。彼が、順位を発表し、サント=ヴェロニック賞受賞者の名前を発表したとたん、ホールはハチの巣をつついたような騒ぎとなった。
「その結果は不当だ!」
「恥を知れ!」
「もう一度、二人で対決させろ!」
 生徒たちは口々に叫んだ。
「静かに!」リヴィエールが叫んだ。会場が静まった。「一位は同点で二人いた。しかし、サント=ヴェロニック賞は、二人で分け合うものではない。われわれ審査員は、この結果を覆すつもりはない。表彰式と受賞記念コンサートは、あすの1時から行われる。以上だ」
 ホールはまた大騒ぎになった。
「二人がもう一度演奏するのを聞けば、その順位が不当なものだとわかるさ。明日が楽しみだ」オーギュスト=ド=マルティーヌが大きな声で叫んだ。それに同調するように拍手が起こった。
 しかし、その証明が困難な事態が起こった。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ