FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第二部」
第35章

第642回

 二人は、学校中で最も人がこない場所の一つである、あの大きな木の所に行った。
 予想通り、あたりには誰もいなかった。
「・・・もう一度聞く。あの絵は、きみが描いた。間違いないね?」フランソワが訊ねた。
「ノートの方はね。げんに、ノートに絵は残っているし、書いているところをラタンが見ている。だから、あのノートの落書きについては否定しない。なかなかうまく描けていただろう?」
 フランソワは不機嫌な顔になった。
「しかし、黒板に描いたのは、ぼくじゃない。あの日、ぼくは、教室にノートを忘れて帰った。あの絵は、教室に忍び込みさえすれば、誰にでも描くチャンスはあったんだ」コルネリウスが言った。
「とぼけるな。きみ以外に、だれがあんなことをする?」
「きみかもね、アンシャン」コルネリウスは、また冷笑を浮かべた。
「いい加減にしろ! あんなことをする必要がある人は、きみしかいない。きみは、どうして、プティタンジュを苦しめるんだ?」
「プティタンジュ?」コルネリウスは驚いた。「・・・どうして、ここにプティタンジュが出てくるの?」
「きみがかの女を嫌いだと言うことは、よくわかっているよ。でも、どうして? なぜあんな優しい子を嫌う? かの女がザレスキー一族だから?」
 コルネリウスは目を丸くしていたが、フランソワの突拍子もない言葉で、再び冷笑を取り戻した。「・・・なるほど、よくわかった。きみは、かの女に頼まれて、こんな追求を始めることにしたんだね。きみがこんな馬鹿げた提案を受け入れたのは、口実なんて何でもいいから、ぼくをたたきのめしたかったからだ、そうだろう?」
 それを聞くと、フランソワはかっとした。彼は、思わず、コルネリウスの頬を拳で力一杯殴った。「どうして、かの女が理解できないの? かの女がそんなことを言う人じゃないって、どうしてきみにはわからないの? あんなに優しい心の持ち主に、どうしてきみは、こんなに暴力的な言葉をはくの?」
 コルネリウスは冷静だった。「かの女が頼んだんじゃないとすれば、どうしてきみはこんなことをしなくちゃならないの?」
「ぼくは、プティタンジュを苦しめるやつを、許せないんだ」彼はコルネリウスをにらみつけた。
「だが、あれは、ぼくじゃない」コルネリウスはもう一度言った。
「まだ、そんなことを!」彼は、コルネリウスをもう一度にらんだ。そのとき、彼は、そばに落ちていた大きな枝に気がついた。それは、枝というより、太い棒のように見えた。彼は、その棒を手に取り、コルネリウスの方に向き直った。
 コルネリウスは真っ青になった。彼の目に浮かぶ狂気に気がつくと、コルネリウスは、とっさに顔をかばうように両手をあげた。殺されるかもしれない、とコルネリウスは思った。
「きみは、ただ、ぼくが憎いだけなんだろう?」コルネリウスは、フランソワから逃げるチャンスを探した。「でも、どうして、ぼくはきみにこんなに憎まれなくちゃならないの? ぼくは、きみに何をしたというの?」
 フランソワは口の中で何かをつぶやいた。コルネリウスには聞こえなかった。彼は、何かわけのわからないことをつぶやきながら、コルネリウスを殴りつけた。彼は殴りながら泣いていた。コルネリウスは抵抗しなかった。小さい頃から殴り合いの喧嘩には慣れていたので、抵抗すれば余計に殴られることをコルネリウスは知っていた。
 相手が全く無抵抗だったので、フランソワは息が切れるまで殴ったあと、あっさりと棒を捨てた。
「・・・いいか、コルネリウス=ド=ヴェルクルーズ・・・今後、プティタンジュを苦しめたら・・・このフランソワ=ジュメールが・・・これ以上の目にあわせてやるからな!」フランソワは息を切らしながらそう言い、コルネリウスに背中を向けた。
「・・・きみは狂っている」コルネリウスは、フランソワの背中に向かってつぶやいた。
「・・・ああ、狂っているとも・・・」フランソワはちいさな声でそう言うと、彼を置いて歩き出した。
 コルネリウスは目を閉じた。遠くの方で、鐘の音が聞こえたような気がした。
 彼は、意識を失った・・・。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ