FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第二部」
第35章

第647回

 その翌日、コルネリウスは遅刻すれすれの時間に教室についた。顔に残ったあざのことを誰かに聞かれたくなかったからである。彼は、フランソワと目を合わせないように席に着いた。それでも、彼のあざは目についたらしく、何人かが彼の元にやってきた。
「・・・昨日は、午後の授業に出なかったんだね?」シュテファン=フォン=シュタウフェンベルクが訊ねた。「お昼過ぎから、きみをみた人が誰もいないんで、心配していたんだけど・・・どうしたの、その傷?」
 コルネリウスは顔が引きつるのでいつものあの表情を浮かべることができないため、苦しそうに唇だけで笑った。
「実は、ちょっとした冒険をしてみたくなってね。女子寮の前に、大きな木があるだろう? あれに登ってみようと思ったんだ」
 シュテファンはびっくりした。「そんな! 誰かに見つかったらどうなったと思う?」
「見つかったさ。木のてっぺんから、寮の中が見えた。プティタンジュが、本を読んでいたよ」コルネリウスは、そう言いながらバルバラとヴィルヘルミーネにウィンクした。
「プティタンジュは、こちらに気づくと、大声を上げそうになった。ぼくは、止めようとして、両手を振った・・・」コルネリウスが手を振る身振りをしながら言った。「そして、木から落ちた・・・」
 そのとき、黒板の方から咳払いの音がした。
「・・・武勇伝は、そのへんにしてもらってもいいかな、ムッシュー=ド=ヴェルクルーズ?」
 コルネリウスは真っ赤になった。
「確か、校則第76条には、こんな規定があったよね。《男子生徒は、女子寮の建物から5メートル以内に近づいてはいけない。》---さて、ぼくは、この話を耳にして、どうすべきだろうか?」アルフレッド=ド=グーロワールはわざとらしく悩んだ様子をして見せた。
「・・・まさか、サン=ティレールに通報するつもりじゃないでしょうね?」サルヴァドールは、思わず立ちあがった。
 ド=グーロワールは肩をすくめた。「無駄だよ。彼が、ぼくの話をまともに取り合うと思うかね、この間のことがあったあとだというのに?」
 みな、一瞬困ったような表情になった。
「・・・それで、かの女は元気そうだったかね?」ド=グーロワールが訊ねた。
「ええ。元気そうに見えましたよ。ただ、ちょっと寒そうでしたがね」コルネリウスが答えた。
 バルバラとヴィルヘルミーネは顔を見合わせた。
「・・・風邪をひかなきゃいいが・・・」ド=グーロワールが言った。「コンクール前の大事なときだ。もう少し、体調に気をつけなくちゃならないのに・・・」
「コンクール?」誰かが訊ねた。
「確か、ジュネス=ピアノ=コンクールに参加する予定になっていたはずだ」ド=グーロワールが言った。「この前、謹慎処分の話を聞いたとき、ロラン女史がそんなことを言っていた」
「ピアノコンクールのかけもちですか?」ギュンターがびっくりしたように言った。「普通、あの二つのコンクールのかけもちはできませんよ。課題曲が全然違うし、ジュネスは3月で、全フランスの本選は4月だ。準備期間が短すぎます」
「プティタンジュのレパートリーは、かなり広いものよ」フロランス=クールゾンが言った。「かの女なら、かけもちしてもなんとかやれるはずだわ。心配なのは、時間や体調ではないわ・・・」
《じゃ、何?》とギュンターは、フロランスに目で訊ねた。
「精神面の弱さ、かしら」フロランスは、ギュンターとそのまわりの人たちにしか聞こえないくらいの声で言った。「何と言っても、まだ10歳の子どもですもの」
「・・・さて、今日の連絡事項に入ってもいいかな?」ド=グーロワールは、ざわざわしてきたクラスの生徒たちに向かって言った。
 こうして、その日も何事もなく授業が始まった。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ