FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第二部」
第39章

第702回

 二人は振り返り、シャルロットを見つめた。
 ドクトゥール=ワッセルマンは肩をすくめ、小さな声で言った。「・・・ぼくは、フレディとは違う」
 シャルロットは真剣な顔で彼を見つめた。
「きみは、いったいなぜここにいるの? 何をしたの?」彼が訊ねた。
「わかりません」シャルロットが答えた。
「ぼくを信用してくれないんだね?」彼が言った。
 かの女は、以前、彼に同じことを言われたことがあることを思いだした。かの女は穏やかな口調で答えた。「サン=ティレールが恐いような人は、信用できません」
 その答えを聞くと、ドクトゥール=ワッセルマンは思わず苦笑した。「彼を恐くない人なんか、いるのだろうか?」
 マダム=ベルマンはシャルロットから目をそらした。
「モマン=ミュジコーは、例外中の例外なんでしょうね」シャルロットがつぶやいた。
 そのとき、ノックの音がした。入ってきたのは、噂の人物だった。
 ジルベール=サン=ティレールは、三人に短い挨拶をした。三人も挨拶を返した。サン=ティレールとドクトゥール=ワッセルマンは、シャルロットの病状について話をした。そのあとで、サン=ティレールはシャルロットの方を向き直った。
「・・・ああ、横になっていてもかまわん」サン=ティレールが言った。「ちょっと質問をしたいのだが、よろしいかな?」
《だめ、という権利はなさそうね》という表情でシャルロットはうなずいた。
「あなたは、4月26日の夕方、どこにいましたか?」
 シャルロットはマダム=ベルマンの方を見た。「おそらく部屋にいたと思いますが・・・。ずっと部屋にいましたから。ところで、今日は、何月何日でしょうか、先生?」
「4月28日ですわ」マダム=ベルマンが答えた。隣でドクトゥール=ワッセルマンもうなずいた。
 シャルロットは穏やかな口調で答えた。「ずっと学校を休んでいますから、何月何日かさえわからなくなっていました・・・」
 マダム=ベルマンはうなずいた。
「もう少し詳しく説明して下さい。その日は、一日中ずっと寝ていたんですね?」
 シャルロットは首をかしげた。「一日中、とは申しません。朝、ドクトゥール=マルローがいらっしゃったのは覚えています。寝ていなさいと言われたのも」
 マダム=ベルマンとドクトゥール=ワッセルマンはうなずいた。彼らもその場にいたのである。
「・・・でも、わたしは、眠っていられませんでした・・・一度だけ、ピアノの前に行きました」
 ドクトゥール=ワッセルマンは、その告白に目をつり上げた。「ドクトゥール=マルローは、ピアノなんか弾ける状態にないといっていたのに?」
「お願いです、彼には黙っていて下さい」シャルロットがドクトゥール=ワッセルマンに言った。
「確か、治る前にピアノを弾かないって約束したよね?」ドクトゥール=ワッセルマンがにらんだ。
 シャルロットはうなだれた。「・・・ええ。約束を守れなかったら、コンクールには出さないって・・・」
「じゃ、なぜ、ピアノなんて?」ドクトゥール=ワッセルマンが言った。
「それより、それからどうしたかの説明をしてもらいましょう」サン=ティレールが遮った。「ピアノを弾いたんですね?」
 シャルロットはうなずいた。「ええ、間違いありません」
「そして・・・?」マダム=ベルマンが言った。「ドクトゥール=マルローには、わたしからも口添えしてあげましょう。続けなさい、マドモワゼル」
 シャルロットは話し始めた。「・・・そのあと、具合が悪くなったので、寝てしまいました。どのくらい寝ていたのかわかりません。起きてみたら夜中でした。頭の上に濡れたタオルがのっていたのを覚えています。そして、また眠ってしまったのです・・・」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ