FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第二部」
第43章

第767回

「裁判が行われたのは、きみがディジョンへ出かけたあとのことだ。きみは、なぜ自分がコンクールに出られたのか、考えてみたこともなかったの?」ドニが言った。
「校長先生が、特別の許可を・・・」シャルロットは口ごもった。
 ドニが言った。「どうして、サン=ティレールが、それに同意したと思ったの?」
 シャルロットは真っ青になった。
「ぼくは、あの日の夜のことを、今でもよく覚えている」ドニは苦しそうに歯を食いしばった。「きみが、ディジョンへ出発した日の夜、ヴィトールド=ザレスキーが反省室に来た。ぼくは、あのときの彼の顔を、生涯忘れることはできないだろう・・・」
 そう言うと、彼はシャルロットよりも青ざめた。「彼は、反省室に来て、きみが出て行ったことを告げた。そして・・・」彼はごくりとつばを飲んだ。「・・・そして、彼は、いきなり、壁に頭を打ち付けた。何度も、何度も・・・。そして、泣きながら言った。『ぼくがもっと強かったら、かの女をあんな目に遭わせたりはしなかった。ぼくは、かの女を裏切ってしまった。ぼくは、もっともっと強くならなければならない。かの女を、二度と泣かせたりしないように・・・』彼は、額から血がにじんでも、頭を壁に打ち続けた。ぼくは、あんな彼の様子を初めて見た。そして、その様子を見ているうちに、ぼくも一緒に泣いていた・・・」
 そう言いながら、彼の目に涙がたまった。「地下牢にまで忍び込むほど強い人間が、あんなに弱いところを見せるなんて。男にとって、愛する女性を守ってやれないことがどんなにつらいことか、女のきみにはわからないだろうね。かわいそうなヴィトールド・・・」
 シャルロットは驚きのあまり、一言も話すことができなかった。
「彼の頭から、血が流れ出し、ぼくは、彼を止めようとした。そうしたら、彼はこう言ったんだ。『ぼくのしていることは、罪滅ぼしにもならないよ』---彼は、いったいどんな罪を犯したというのだ? 彼は、ぼくたちのために、反省室や地下牢に来て励ましてくれただけじゃないか。それは、校則違反であっても、罪なものか」ドニが言った。「そう言うと、彼は悲しそうに言ったんだ。『ぼくは、かの女に対して、重大な罪を犯したんだ』」
 シャルロットははっとした。かの女は、彼が『ぼくは、ここに来た罰を受けた』と言ったことを思いだしたのである。しかし、彼がしたことの何が《重大な罪》にあたるのか、シャルロットにはわからなかった。
「《重大な罪》、って何?」シャルロットが訊ねた。「あなたは、知っているんでしょう?」
 ドニは目をそらした。シャルロットはその様子を見て、彼が何か知っていると確信した。
「わかったわ。ヴィトールド自身に聞くことにするわ」シャルロットが言った。
「・・・お願いだから、ヴィトールドを責めないでやってくれ」ドニが言った。「彼は、もう、その報いを受けているとぼくは思う」
 シャルロットには答えられなかった。
「彼は、きみを愛している」ドニが言った。「そして、彼も、その愛が報いられることがないことに気がついている。ぼく同様に・・・」
 そして、彼はもう一度シャルロットに頭を下げた。「そして、今度のことにお礼を言わせて欲しい。ぼくは、きみのおかげで、サント=ヴェロニック校に残れる」
 シャルロットは目をぱちくりさせた。
「きみが卒業してしまったおかげで、ぼくは、学年トップに返り咲いた」ドニが言った。「ぼくは、奨学金で勉強している。この奨学金を取るためには、学年でトップの成績を収めなければならない。そして、ぼくは、来年もこの奨学金を取ることができた」
 シャルロットはうなずいた。
「ぼくは、いつの日か、奨学金で大学に行きたい。そして、いつの日か、ドクトゥール=ド=ラ=ブリュショルリーの研究員になって、彼の元で医者になりたい。ドクトゥールは、ぼくが尊敬する唯一の人物だ」
「・・・人を助けるために生きるのね?」シャルロットの目に光が戻った。「さようなら、ドニ。あなたの夢が叶いますように・・・」
 シャルロットはドニに手を差しだした。ドニは、その手を握りながら言った。
「ぼくは、さよならは言わない。いつか、きみがぼくのほうを振り向いてくれる日まで、ぼくは待ち続けるよ」
 そして、彼は行ってしまった。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ