FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第二部」
第45章

第796回

 1913年8月5日火曜日。
 クラリス=ヴェルモン=メモリアル=ホールでの演奏会当日のことであった。
 シャルロットは、午後7時開演のリサイタルの準備のため、午後4時に出発する予定を立てていた。フランソワに昼食を持っていったとき、リサイタルを聞きに行けなくて残念だという彼のために、演奏する曲目の話を聞かせた。<ブリュメール=クーデター>というタイトルから、話はサント=ヴェロニック校時代の思い出になり、シャルロットは1時半過ぎまで彼の部屋で過ごしてしまった。
 部屋から出たとき、執事のマクシミリアン=シュミットが来客を告げた。
 シャルロットは、階下の客間に行った。ドアを開けたとき、意外な人物がそこにいるのを見て、思わず駆け寄った。
「パン=ユリアンスキー!」シャルロットはポーランド語で叫び、彼の手を取った。「どうしてここに?」
 そこに立っていたのは、チャルトルィスキー家の若い執事、ユゼフ=ユリアンスキーだった。
「・・・シャルロットお嬢さま?」彼は目を丸くしてつぶやくように言った。「・・・もう、歩けるんですね?」
 シャルロットは、彼を見て懐かしさのあまり涙ぐんだ。それをみて、彼はやや大きめの声で言った。
「お嬢さま、わたくしのようなものの前で泣いてはいけません」
 シャルロットは泣き笑いした。「あなただって、泣いているじゃありませんか、ユリアンスキーさん?」
 ユリアンスキーはそっと涙を拭いた。「・・・いいえ、わたくしは・・・」
 そのとき、ドクトゥール=ド=ラ=ブリュショルリーが部屋に入ってきた。彼は、ユリアンスキーともう一人の人物を見て、ちょっと驚いたような表情を見せた。
「ポーランド語で話しても大丈夫ですか?」シャルロットは、ユリアンスキーの連れの男性に声をかけた。彼がうなずいたので、シャルロットは言った。「わたしは、シャルロット=チャルトルィスカです。こちらは、この家のご主人で、わたしの主治医でもあるドクトゥール=ド=ラ=ブリュショルリーです。彼のお母さまがポーランド人だったので、彼はポーランド語を話せます」
 ドクトゥールはうなずいて見せた。
「ドクトゥール、こちらは、チャルトルィスキー公爵家の執事のユゼフ=ユリアンスキーさんです。彼は、元は、わたしのボディーガードをしていた方で、先代の執事が亡くなった後現在の地位についています」シャルロットがユリアンスキーを紹介した。「・・・失礼ですが、あなたが、ポニァトフスキー伯爵家の弁護士さんですか?」
 40代後半に見える男性はうなずいた。「わたしは、ボフダン=バラノフスキーと申します。伯爵さまから、今回の件を一任されております」
 バラノフスキー氏とドクトゥールは握手した。それから、ドクトゥールはユリアンスキーとも握手した。
 ドクトゥールは、二人に椅子を勧めた。
 バラノフスキー氏がドクトゥールにこれまでの経過と自分の任務を説明している間、シャルロットはユリアンスキーから手渡された手紙に目を通していた。ユリアンスキーは手紙を3通持っていた。シャルロットは、まず、アファナーシイ=ザレスキー氏の手紙を読み、フリーデリック=ラージヴィルの手紙、そして、最後に恩師ヴァレリアン=ブルマイスター=ヴィエジェイスキー氏の手紙を開いた。
 シャルロットは、最後の手紙を読みながら、真っ青になり、涙ぐんだ。
「・・・どうしたの?」ドクトゥールは、シャルロットに目を移した。
「本当ですの?」シャルロットはポーランドから来た二人に訊ねた。「ステファンスキー先生が亡くなられた、というのは?」
 二人とも神妙な顔でうなずいた。
「誰?」ドクトゥールが訊ねた。
「ボレスワフ=ステファンスキー先生・・・わたしのピアノの先生で、<クラコヴィアク>の設立者の一人だった方よ」
「ボレスワフ=ステファンスキー・・・?」ドクトゥールは、その名前に聞き覚えがあった。「・・・その方、若い頃、フランスにいたことはないだろうか?」
「ご存じだったんですか?」シャルロットが訊ねた。
 ドクトゥールはびっくりして立ちあがった。「彼は、母の・・・あなたのお祖母さまの・・・ピアノの先生でもあった・・・」
 シャルロットも驚いた。
 ユリアンスキーは、<あなたのお祖母さま>という言葉に驚いて二人を見た。そして、彼は思わず二人を見比べてしまった。同じ色の髪、同じ色の目をした二人・・・。そういえば、この人は、チャルトルィスカ公爵夫人のいとこだ、と聞いていた。なるほど、この二人はよく似ている。まるで、本当の親子のように・・・。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ