FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第48章

第851回

 二人はほとんど同時に振り返った。
 そこに立っていた少年は、とにかく大きかった。ノルベールよりも頭半分背が高く、体つきもがっしりとしている。太っているのではない。彼は筋肉質だった。まるでいつも何かで鍛えているかのようだ。だが、彼は、その体つきから想像できるような堂々とした態度ではなく、どこか神経質そうに見えた。ただ、一見気むずかしそうだが、どこか優しげな雰囲気を漂わせている。不思議な少年だった。しかし、ノルベールが驚いたのは、彼の目の色だった。青ではない。湖に彼の赤い髪の毛を映したような、そんな変わった色だった。彼は、楽しげに笑っていた。
「自信過剰だね、詩人君」彼はそう言ってもう一度ほほえみを浮かべた。「いや、きみはいつでも<夢見る詩人>だからねえ」
「それが<最優秀脚本家賞>を取った人間に言うせりふか?」クロードはわざと怒ったふりをした。
 彼は笑った。「ぼくだって<最優秀音楽賞>の受賞者だ」
「その<最優秀音楽賞受賞者>が何の用だ?」クロードが訊ねた。
「監督を知らない?」少年が訊ねた。
「監督? 劇の指導じゃなかったの?」クロードが言った。それから、彼はノルベールに言った。「ムッシュー=リュミエール、彼が劇音楽担当のオーギュスト=ド=マルティーヌです。ミュー、こちらの方は、原作者のベネディクト=リュミエール氏だ」
 それを聞くと、少年の顔から笑みが消えた。真面目な表情になったのではない。あきらかに嫌いな人物を見るときの表情であった。
「もしかすると、あなたは、ガルディアン=ド=マルティーヌのお知り合いですか?」ノルベールは挨拶をするのも忘れてそう訊ねた。
 オーギュストは、彼のその態度を侮辱と取った。彼は冷たく答えた。「ガルディアンは、ぼくの兄ですが?」
 それを聞くと、ノルベールは思わず目を丸くした。「それじゃ、あなたが、<ムーンライト=ソナタ>のセルジュのモデルになった人なんですね?」
 オーギュストはますます冷たい表情になった。「いいえ。ぼくは小説のことはよくわかりませんが、あれはぼくではなく、ドンニィだと思われているようですよ」
「ドンニィ?」
「母親違いの兄のコルネリウス=ド=ヴェルクルーズのことです」
「コルネリウス=ド=ヴェルクルーズ?」ノルベールはその名前を聞いて驚いた。それは、シャルロットの指輪に彫ってあった名前だ。この少年が、彼の弟?
 ノルベールは、その名前を聞くと、ここにやってきたもう一つの理由を思い出した。それは、今度の小説のための取材である。ド=ヴェルクルーズというのは、<そよかぜ>の姉の結婚後の姓だ。そして、コルネリウス=ド=ヴェルクルーズはかの女の一人息子である。彼は、頭の中で家系図をもう一度描いた。コルネリウスの兄弟たちは、<そよかぜ>のいとこの子どもたちだったはず。ということは、彼から<そよかぜ>のことが何か聞ける可能性がある。
 ただ、彼がこんなに自分を敵視してさえいなければ・・・。
 ノルベールには、彼の態度の理由が飲み込めなかった。それで、ノルベールは、率直に話そうと決めた。
「ぼくは、新しい小説を書くための資料を探しています。主人公は実在の人物でした。すでに亡くなった方ですけども。ぼくは、その人物を知っていた人たちに話を聞いているのです。ド=ヴェルクルーズというのは、主人公の知り合いの人物の姓と同じです。もしかすると、あなたはかの女のことをご存じかと思いまして」ノルベールが言った。
「かの女?・・・行方不明のジュヌヴィエーヴ=ド=ヴェルクルーズ夫人のこと?」オーギュストが訊ねた。
 ノルベールはうなずいた。「ええ。そして、その妹さんのことを調べています。かの女たちは双子の姉妹だと聞いています」
「ぼくは、ド=ヴェルクルーズ夫人のことはよく存じません」オーギュストの表情は少し和らいだ。「なぜならば、ぼくはド=ヴェルクルーズ家とは関係がないからです。正確に言えば、アルトゥール=ド=ヴェルクルーズという父親がいたらしいのですが、彼はぼくの生みの親であっても育ての親ではありませんでした。しかも、ぼくはオーギュスト=ド=マルティーヌであって、オーギュスト=ド=ヴェルクルーズではありません」
 ノルベールは、彼の率直なものの言い方にも驚いたが、話の内容にはもっと驚かされた。
「ド=ヴェルクルーズ家とは関係がない・・・?」ノルベールは今の話を整理しようとした。「だけど、あなたは、アルトゥール=ド=ヴェルクルーズの息子だとおっしゃったじゃありませんか?」
「お言葉ですが」オーギュストはむっとしたような表情に戻った。「ぼくは、自分がアルトゥール=ド=ヴェルクルーズの息子だと言った覚えはありません」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ