FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第49章

第868回

 しかし、サヴェルネは首を横に振った。「そういう解釈も成り立つが、フランク夫妻を参考にする限り、こんな解釈はどうだろうね?」
 そう言うと、サヴェルネはスプーンを置いた。
「あの曲は、テオドール=フランクの愛情物語だった。そういう仮説で話を進めると・・・」サヴェルネはシャルロットを優しく見つめた。「フランク氏は、伴奏ピアニストだったマリアンヌさんに恋をした。彼は、かの女に告白できずに悩み続ける。そして、自分の思いをかの女に伝えようと思うんだ。でも、彼は実際にかの女を見ると何も言えない。気持ちだけが高まっていく。そして、気持ちの上ではその女性と一体化してしまうんだ。とうとう、彼はかの女に自分の思いを告白する。しかし、かの女は彼に冷たい返事を返す。彼は失望のあまり、かの女の元を去っていくんだ・・・」
「フランク氏の恋愛って、そうだったんですか?」シャルロットが訊ねた。
 サヴェルネ夫人もスプーンを持つ手を止めた。
「そう考えれば、あの終わり方に納得がいかないか?」サヴェルネが訊ねた。
「・・・確かに、あれは、失恋みたいな終わり方ですよね」シャルロットは同意した。
「フランク氏の恋愛が、まさにそれだったんだ」サヴェルネが言った。「彼は、ヴァイオリンソナタを一緒に演奏した女性に恋をした。彼の初恋だった。その演奏会が終わったあと、彼はかの女を食事に誘った。そのとき、彼はかの女に告白をするつもりだった。彼は、かの女に白い花束を差し出した。かの女は、それをみたとたん、その花束を彼の手から奪い、その花束で彼のほおをひっぱたき、その場を去った・・・」
 シャルロットは目を丸くした。サヴェルネ夫人は、笑いをこらえるかのように下を向いていた。
「フランク氏は、それまで恋をしたことはなかった。愛の告白をするのに、いったいどんな花を持っていったら相手に喜ばれるだろう、なんて考えたことがなかったらしい。それで、彼は、かの女の雰囲気にぴったりだと思う花を選んだんだ。白い菊の花だ」
 シャルロットは、それを聞くと、一瞬固まった。「菊の花ですって?」
「マリアンヌさんは、それを悪いジョークだと思ったそうだ。かの女は、もちろん、彼が一人で思いつめていることを知っていた。一緒に演奏していれば、そんなこと、誰だって気づくものね。でも、花束を見たとき、彼がかの女に意地悪をするつもりだと誤解したらしい。自分の気持ちにこたえようとしない女の子を侮辱しようとしたのだろう、とかの女は考えたそうだ。かの女は、当然、彼に対して怒りをぶつけた。そして、泣きながらその場を去った・・・」サヴェルネはすまして続けた。本当は、彼も笑いたかったのだが、そんな感情はおくびにも出さなかった。「フランク氏は、そのようすをあっけにとられて見送った。彼は、かの女が花束に対して腹を立てたとは気づかなかった。嫌われたのだと信じ込み、彼は黙ってベルギーへ帰っていったんだ」
「まあ・・・」シャルロットはうなだれた。かの女には、笑い事とは思えなかったのである。
「ところが、ラヴェルダンは、泣きながらフランク氏の侮辱を訴える友人を見ながら思った。かの女は、実は彼が好きだったのではないか、と。そこで、ラヴェルダンはフランク氏に手紙を書いた。『本当にかの女が好きなら、諦めてはいけない。もし、もう一度わたしのところに戻ってきたら、きっとあなたの力になります』と」
「それで、フランク氏は、フランスに戻ってきたんですね?」
 サヴェルネ夫妻はうなずいた。
 シャルロットは真面目な顔で言った。「・・・そうですね、先生の解釈が正しいとわたしも思います」
「もちろん、ヴァイオリンソナタが作られたときには、そんなストーリーはなかったんだよ」サヴェルネが言った。「フランク氏の恋愛は、ヴァイオリンソナタをめぐってのものだ」
「そうかも知れませんが、まるで、あのヴァイオリンソナタを思わせるような話なんですね」シャルロットはうっとりしたような表情になって言った。
「シャル、もしかして、今の話、ロマンチックだと思う?」サヴェルネが訊ねた。
「ええ、そうですね」シャルロットは真面目にうなずいた。「わたしは、そんな思いやりのあるプレゼントが欲しいと思います」
「たとえ、それが菊の花でも?」サヴェルネ夫人が訊ねた。
「だって、いかにもムッシュー=フランクらしいお話ですよね」シャルロットが答えた。
 サヴェルネ夫妻は顔を見合わせた。この話を聞いて、こんな表情になる人間を見たのは初めてだ。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ