FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第51章

第915回

 二人の医者は、はっとしてシャルロットの方を見た。
 シャルロットのまぶたがかすかに動いていた。ややあって、シャルロットはかすかに目を開いた。
「・・・おめざめですか、リディアお嬢さま?」シルヴィーはかの女の枕元にひざまずき、芝居がかった口調でそう言った。「今朝は、調子はいかがですか?」
 シャルロットは、それを聞くと、急に眠気が覚めたようにシルヴィーを見つめた。ややあって、かの女はこう答えた。
「・・・お嬢さまはよして、って言ったはずよ、ブリューノ。でも、あなたが来てくれて、すっかりよくなったような気がするわ」
 そして、二人の少女は顔を見合わせ、くすくすと笑った。
「それはよかった」ドクトゥール=マルローが無愛想な口調で言った。
 その声を聞くと、シャルロットの表情が少し硬くなった。かの女は思わず口ごもった。「・・・おはようございます、ドクトゥール=マルロー」
 ドクトゥール=マルローは眉を片方だけ上げた。「あなたに名前で呼ばれるとは、いったいどういう心境の変化でしょうかね?」
 シャルロットの表情は、叱られた直後のように変わった。「わたしは・・・あの・・・」
 シルヴィーはほほえんでマルローに訊ねた。「あなたは、<バラ園>という小説をご存じないんですか?」
 マルローが短く答えた。「評判は聞いているが」
「この会話は、小説の中で、主人公たちが最初にかわす会話なんです」シルヴィーが説明した。「病気がちのリディアのところに、庭師のブリューノが自分で作った花を持って登場する場面です。女子高生なら、誰でも知っているせりふですわ」
「あら、あなたも<バラ園>の読者なの、シルヴィー?」シャルロットがすまして訊ねた。
「ええ、一応はね」シルヴィーが答えた。「今、フィールは人気者なのよ。音楽院でも、女の子たちは夢中になっているわ」
「フィール?」シャルロットがびっくりしたように訊ねた。
「あの作者、フィールウント何とかって長い名前でしょ? だから、略して、フィール」シルヴィーが答えた。かの女は、まさか、目の前にいる女の子がその<フィール>だとは、夢にも思っていなかった。
「まあ、『フィールウント何とか』だなんて。音楽家の言葉とはとても思えないわね」シャルロットは笑いながら抗議した。「それとも、今では、音楽院でも、64分休符を<フィール何とか分休符>って言うようになったの?」
 シルヴィーも笑い出した。
「ごめんなさい、ドクトゥール=マルロー。あなたのことを名前で呼ぶなんて失礼なこと、考えたこともないわ」シャルロットは真面目にそう言い、頭を下げた。そして、シルヴィーに説明した。「彼のファーストネームは、ブリューノなの」
 シルヴィーは驚いたようにドクトゥール=マルローを見つめた。
 そのとき、ドクトゥール=マルローは白衣のポケットから取りだした懐中時計の蓋を開け、時間を確認し終えたところだった。シルヴィーの視線を追うように、一同は彼の方を見た。全員の注目を集めていることに気づいても、彼は落ち着き払っていた。
「ところで、今は、朝ではありません。もう2時過ぎです」ドクトゥール=マルローは堅苦しいいつもの口調で言った。
「2時ですって?」シャルロットは目を丸くした。それから、かの女は真剣な顔をして訊ねた。「・・・ドクトゥール=マルロー、ここは研究所・・・ではありませんよね?」
 ドクトゥール=マルローはうなずいた。「ここは、マルセイユの聖ヨゼフ病院。こちらは、あなたの担当のスタニスラス=ルフェーブルです。そして、今は、1914年5月31日日曜日の午後2時13分です」
「5月31日?」シャルロットは驚いて訊ねた。「マルセイユ?・・・ああ、そうだったわ。コンサートは?」
 そう言いながら、シャルロットはしきりに記憶をたどり始めた。
「・・・ライトが光ったのは覚えているわ。あまりにもまぶしくて、目がくらみそうだった・・・それから、目の前が真っ暗になったの・・・」シャルロットが考えながら言った。「そして、気がついたら、ここにいたの」
 シルヴィーは真剣な表情で言った。「ところでね、わたしがあのせりふを口にしたのは、わたしもフィールの読者ですって言いたかったからじゃないのよ。実は、あなたのファンたちは、あなたがリディアと同じ目にあったと思っているの。わたしもそうだけど」
「リディアと同じ目に・・・?」シャルロットは少し考え、結論を導き出した。「・・・まさか、わたしが、誰かに毒を飲ませられたのでは、と思ったの?」
「初めのうちは、みんなそうだった」シルヴィーは真剣に答えた。「でも、あなたが死んだのではないことはすぐにわかったわ。だけど、あなたが誰かに毒を盛られた、と誰かが言い始めたものだから、会場はパニックになって・・・」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ