FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第52章

第920回

 ドクトゥールは青年の顔をじっと見つめた。そして、一つの結論を出した。
「・・・薬品を買ったのは、きみだね?」
 青年---ステファーヌ=ジョベールはさらに青くなった。
「少なくても、きみはその場に居合わせた、そうだね?」
「・・・はい」ジョベールは小さな声でそれを認めた。
「どうしてだ?」
 ジョベールは黙って下を向いた。
「グリセリンを買ったのは、いつだ?」
「・・・一週間前です」ジョベールは口ごもりながら答えた。
 ドクトゥールは目を閉じた。先ほどよりもずっと顔色が悪くなっていた。しかし、彼は痛みと闘いながら考えを進めていた。やがて、彼は目を開けた。「・・・注文伝票の日付を正確には覚えていないが、商品は到着していたということだね?」
 ジョベールは小さくうなずいた。
「わたしが留守をしていたときだ。しかも、あの日は、サイモンも出かけていたはずだ」ドクトゥールが考えをまとめるようにゆっくりと話した。「サイモンは、帰ってきてから薬品のチェックをし、わたしはそのあとで書類を確認した・・・」
 ジョベールは黙っていた。
「あの日、サイモンは、薬品購入を誰かに頼んでいったはず」ドクトゥールは再び目を閉じた。しばらくして、彼は目を開けた。その目には、強い光があった。「・・・つまり、ジルベール=ロシュフォールも共犯だね?」
 彼の目を見ているうちに、ジョベールの体が小刻みに震えだした。
 ドクトゥールは小さくため息をついた。「ジルベールが、サイモンを騙すなんて・・・」
 その言葉の後半は、うめき声に変わった。彼はもう一度体を折り曲げるように縮めた。
 それを見ているジョベールの表情にも苦痛の色が浮かんだ。しかし、何も言葉が出てこなかった。
「・・・それで、いったい、どのようにして薬品を?」ドクトゥールは、再び質問を続けた。
「ラベルを貼り替えました」ジョベールが答えた。「似たような外見の薬品名のラベルを貼れば、当分は誤魔化せる。そして、あたらしくグリセリンの注文を出し、その注文票を隠しておけば大丈夫・・・」
 その口調を聞き、ドクトゥールは彼の話を遮った。「・・・その場に、アレクシスがいたのか?」
 ジョベールは、知らず知らずのうちにドクトゥール=シャルニーの口調で話していたのだった。彼は、それに気づいていなかったから、ドクトゥールが読心術か何かを使ったと思い、真っ青になった。
「その場にいたのは、3人だけか?」ドクトゥールが続けた。
「・・・はい」ジョベールはほとんど死人のように青ざめていた。
「そして、不正に薬品を買ったのは、これが初めてではない」ドクトゥールは断定するような口調で言った。
「はい、そのとおりです」ジョベールは震え上がった。
「どうして、そんなことを?」ドクトゥールはもう一度質問した。
 ジョベールは、その場に座り込んだ。もう立っている気力も残っていないようだった。
「・・・わかった。ジルベールに聞こう」ドクトゥールはため息混じりに言った。
 そのとき、ノックの音がして、ドクトゥール=ダルベールが戻ってきた。
「アンブロワーズ、すまないが、ジルベール=ロシュフォールとリオネル=デルカッセをここにつれてきてもらえないか?」ドクトゥールは、ダルベールが部屋に入る前に声をかけた。
「わかりました」ダルベールは、部屋に一歩も入らないうちに出て行った。
 ドクトゥールは、ジョベールに言った。「しばらく、自室で謹慎していなさい。わたしの許可がないうちは部屋から一歩も出ないように。とくに、今回の事件の関係者と口をきくことを禁じる。いいね?」
 ジョベールはうなずいた。「わかりました、ドクトゥール」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ