FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第52章

第933回

 ドクトゥールの体力は、葬儀の采配をするほど回復はしていなかった。リオネルをその場に残し、彼はいったん研究所に戻っていった。
 しかし、彼は休息を取ることができなかった。昼過ぎに、スイスからショット夫妻が到着するという連絡が入ったからであった。
 ベルンハルト=ショットの遺体は、かつての彼の部屋に安置されていた。遺体の防腐処理はすでにすんでおり、遺族の到着を待つだけの状態になっていた。
 ドクトゥール自身がショット夫妻を出迎えた。彼らが車から降りたときの顔つきから見ると、二人はドクトゥールを含め、研究所の誰に対しても信用していないことがうかがわれた。彼らは、あきらかに息子を不当に殺されたと思っていた。もし、視線だけで人を殺すことができるとすれば、今のショット夫妻の目を見ただけでドクトゥールの命はなかったに違いない。
 彼らは、頭に包帯を巻いている男がドクトゥール本人だと最初のうちは気づかなかった。彼らは、ドクトゥールが自分たちより若いことを知っていた。そして、息子から聞いた話から想像していたドクトゥールの人間像と、今、彼らの目の前にいる人物とはどうしても結びつかなかったのである。彼らの目の前にいた男は、痛々しい様子の怪我人に過ぎなかった。青ざめて、立っているだけでせいいっぱいという様子を必死に隠そうと努力している青年は、研究所のリーダーという人間とはほど遠い感じに見えた。
 そのため、彼らは、彼が挨拶したとき、信じられないという表情を浮かべた。その表情は、すぐに硬くなった。
「・・・ベルントに会わせてもらえますか?」彼の父親は、挨拶がすむと、単刀直入にこう言った。
 ドクトゥールは黙ってうなずき、彼らを部屋に案内した。
 ショット夫妻は、変わり果てた息子の姿を見つめ、その場に立ちつくした。やがて、ショット夫人は息子の遺体に近づいた。そばで見ると、遺体が傷だらけであることは隠しきれない。かの女は、思わず涙ぐんだ。そして、その顔にそっと手を触れた。まるで、息子に『痛いよ!』と言われないように配慮したような優しい手つきだった。
 ショット氏は、そんなかの女の肩に優しく手を置いた。その彼の目もぬれていた。
 やがて、彼は振り返った。その目には、もう涙はなかった。
「何があったのか、お話し下さい」ショット氏が言った。
 ドクトゥールは、彼らに椅子を勧めた。そして、自分は立ったまま話し始めた。
 話が終わると、ショット氏はこう言った。「あなたもお座りなさい、ドクトゥール。あなたまで、彼と同行する必要はないでしょう・・・」
 ドクトゥールは勧められるまま椅子に座った。実のところ、もう立っている気力はなかった。
「あなたがたは、わたしも彼と一緒に行って欲しいと思っていると考えていました。もっとも、行き先は別でしょうが」ドクトゥールは小声で、しかし、はっきりした発音のドイツ語で言った。「彼は犠牲者ですから、天国に。わたしは、そこではない、別の場所に・・・」
 ショット夫人は目にハンカチを当てた。
「彼は死んだのに、一緒にいたわたしはどうして生き残ったのだ・・・あなたがたはそう思っていらしたのでは?」ドクトゥールが訊ねた。
 ショット夫人は思わずうなずき、すすり泣いた。
「あなたに会うまでは、そう思っていました」ショット氏が言った。「あなたが、それほどまでにご自分を責めていることを知らなかったときには・・・」
 ドクトゥールは口を開きかけた。
「ベルントは、満足していたはずです。わたしにはわかります」ショット氏が言った。「あなたに会えてよかった。そして、彼があなたのような人に出会えたことに感謝しています」
 ドクトゥールはもう一度口を動かしかけた。
「あなたに出会う前の彼は、孤独な人間だった。彼は、この世の誰も信じられない人間だった。彼の周りには敵しかいない・・・彼はそう思って生きてきたんです」ショット氏はそう言った。「あなたは、そんな彼に、まるで実の父親がするように愛情を与えてくださった。それは、彼から時々来る手紙を読んでわかりました。彼は、少しずつ変わっていった。あの彼が、誰かと一緒に組んで実験をするなんて、2年前には考えられないことでした」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ