FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第53章

第937回

 シャルロットのヴァイオリンの音色を初めて聞いたときから、少年たちはかの女の演奏に夢中になった。そして、観客の方はそれ以上にかの女の演奏に熱狂した。演奏しているときのかの女は、ヴァイオリンと一体になっているように見えた。そのヴァイオリンは呪われたヴァイオリンか何かで、演奏者の体にくっつき、体の一部となり、心まで乗っ取ってしまうかのような不思議なヴァイオリンのように思われ、観客の目は、演奏している車椅子の少年に釘付けになった。帽子を持ってお金を集める係になっていた少年たちでさえ、その場から一歩も歩けなかった。
 指揮をしていたリー氏は、車椅子の少年がオーケストラをリードするに任せた。たとえ、今自分が指揮棒をおろしたとしても、演奏は続いていくだろう。彼は、自分がそれに満足していることに気づき、驚いていた。こんなことは、これまでに一度もなかった。
 ブローネク=スタニスワフスキー。その名を聞いたことはない。しかし、かつて、似たような名前を聞いたことがあるような気がする。彼は指揮をしながら、記憶をたどった。そして、記憶の糸がつながった。
 そうだ、ウワディスワフ=スタニスワフスキーだ。かつて天才少年と呼ばれ、不幸なヴァイオリニストとして知られる人物だ。しかし、彼はすでに故人だったはずだ。そして、彼は、確か、ガストン=リュミエールの友人だ。
 ガストン=リュミエール! そうか、そうだったんだ!
 リー氏は、スタニスワフスキー未亡人(実はサヴェルネ夫人だったが)が息子を連れてこの場に居合わせたのは、ガストン=リュミエールと会うためだったのだと思いこんだ。夫を失い、車椅子に乗っている息子を持ち、あの女性はさぞかし苦労してきたことだろう。かの女が息子を人前に出したくなかったのは、理解できる。そして、この少年のこの才能は、父親由来のものらしい。恐らく、彼が持っているヴァイオリンは、ウワディスワフが子どもの頃使っていたものだろう・・・。スタニスワフスカ夫人が息子に演奏を許可したのは、これが夫が得意だった曲だったからだ。そして、息子の方も、この曲が得意なようだ。
 彼は、指揮をしながら、観客の数が増える一方なのに気がついていた。そして、少年は、優しいロマンスを歌い上げている。明るい曲なのに、どこか明るくなりきれない。かといって、悲しいわけではない。優しいため息のような音色に、人々は魅了されていた。
 優しいピチカートの音が消えていくと、人々はわれるような拍手で演奏を遮った。曲はまだ第三楽章を残していたのだが、人々はもう一度この優しいメロディーを聴きたがっていた。リー氏は、もう一度第二楽章の演奏をオーケストラに指示した。
 えっ、これが、同じ曲・・・?
 シャルロットが演奏を始めると、リー氏は、思わず指揮棒を持つ手が止まりそうになるくらい驚いた。シャルロットは、不満を言う恋人をなだめるような優しいささやきを始めた。そのささやきは、だんだん高揚し、彼は恋人に耳元で愛をささやかれているような気分になってきた。そして、かの女は、彼の気持ちをじらしていく・・・。さっきの純情な少年のささやきではなく、そこには男を惑わそうとする女性がいた。リー氏だけではなく、その場にいた人たちは音楽にさらに夢中になっていた。
 演奏が終わると、シャルロットはコンサート=マスターに向かって、舌を出して見せた。そのちゃめっけたっぷりの動作に彼は思わずふきだした。
 今度も拍手が続いたが、リー氏は構わずに第三楽章に音楽を進めた。誰一人帰ろうとするものはいなかった。
 演奏が終わると、人々はもう一度さっきの第二楽章を聞きたがった。
 リー氏は、シャルロットに演奏を頼んだ。シャルロットは真面目にうなずいた。
 人々は、三度目だというのに、その演奏に新鮮さを感じずにはいられなかった。そこにいたのは、幼い恋人たちだった。お互いに手を握りあうだけで幸せだった初恋のような甘い演奏・・・。シャルロットは、優しい音色を奏で、人々を魅了したのである。
 演奏が終わり、さらに拍手が続いたが、シャルロットはステージから降りた。疲労がピークに達しようとしていた。
 サヴェルネ夫人がそばにやってきたとき、シャルロットはヴァイオリンを握りしめたまま目を閉じていた。
「・・・帰りましょう、シャル」サヴェルネ夫人は優しくささやいた。
 シャルロットはうなずいた。
 かの女たちは、次の曲を演奏し始めたオーケストラのメンバーに、さよならの挨拶もしないままその場を去った。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ