FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第54章

第961回

 フランソワは一息つくと、話を続けた。「それで、そのときの同級生は、イグナーツ=バルトといって・・・」
「聖マリア教会の?」ギュンターは目を丸くして叫んだ。「あのバルト神父が、メールのあこがれの男性?」
「知ってるの?」
「知ってるよ。ぼくは、彼に洗礼を授けられた」ギュンターが言った。「今は、確か、姉妹校のザンクト=パウル校の校長をしているはずだ。しかし、驚いたなあ。同級生って言ったら、メールは今年で64歳なの?」
「へえ、世界は狭いものだなあ。今の話、メールに聞かせたら、驚くよ、きっと」
 ほんの少しの間、二人は黙った。
「ぼくは、学生時代の最後の一年をザンクト=パウル校で過ごすことになると思う。マルフェと入れ替えにね」ギュンターが言った。「このままいけば、夏休みが終わったあと、フランスの土を踏めないのではないかと思うんだ。本当は、もう一年待ってもらいたい。きみと一緒に、サント=ヴェロニック校を卒業したい。だが、たとえドイツに帰っても、きみたちのことは、決して忘れない。きみたちは、決して敵ではない。敵だとは思いたくない」
 フランソワは何も言わなかった。
「ぼくは、きみをフランス人だというだけで憎みたくはない。しかし、戦争が始まれば、ぼくたちはみなばらばらになるだろう。そして、ぼくはきみと反対側の人間になる。きみたちに銃を向け、もしかすると、きみたちに殺されるかも知れない」ギュンターが言った。「ぼくは、国を愛している。だけど、ぼくが愛する祖国は、戦争をやりたがるような祖国ではない。もっと平和を夢見ている国だ。残念ながら、今のドイツはそうじゃないけど・・・。もちろん、フランスもそうだ。こんな国を守ることが愛国心だというのなら、ぼくには愛国心はないといわれても反論はできない。裏切り者と呼ばれても、何も言い返す言葉はない・・・」
「アンシクロペディー・・・」フランソワは優しい口調で言った。「気休めを言うつもりはないが、ぼくは、人間を信じる。人間は、そんな殺し合いを始めるほど愚かじゃないと思うし、そうであって欲しい。人間の歴史は戦争の歴史だった。人類は、もう戦争から学ぶものはないはずだ」
 ギュンターの口元がゆるんだ。「・・・モマン=ミュジコーのせりふだね、それ?」
 フランソワは小声でつぶやいた。「・・・そうだったかな?」
「そうさ」ギュンターが言った。「きみは、彼の崇拝者なんだね。たとえそうではなくても、ずいぶん彼の影響を受けたようだ。・・・モマン=ミュジコーといえば、きみは、彼が初めて学校に来た日のことを覚えているかい?」
 フランソワはうなずいた。
「あの日、ロッシが言ったよね。彼は、1918年に命を落とす、って。そして、その原因になるのは、普通の戦争じゃなく、世界大戦と呼ばれるものになるだろう、って・・・」
「ハルマゲドンか?」フランソワは顔をしかめた。「あんな偽予言者の言葉を信じるなんて。第一、世界中がいっぺんに戦争するはずがない。それに、モマン=ミュジコーは、殺しても死なないような人間じゃないか」
「・・・ぼくが、何だって・・・?」ド=グーロワールは、隠れていた像のかげから顔を出した。
 フランソワは真っ赤になった。彼は口の中で何かつぶやいてからド=グーロワールのほうに向き直った。「モマン=ミュジコー、あなたは、戦争になると思いますか?」
「そう思いたくないね」ド=グーロワールは即座に返事した。そして、彼も顔をしかめた。「・・・きみたちもか!」
 リュシアン=ワッセルマンも顔を出した。そして、3人にこう言った。
「もう、そんな話はやめよう。あしたは、パトリックのための一日だ。ぼくたちの英雄の記念日だ」
 そう言うと、二人の教師たちは去っていった。
 フランソワとギュンターは、パトリックとシャルロットの銅像の前に残された。
「・・・何があっても、きみはぼくの友達だ」ギュンターがフランソワに言った。
「ぼくたちは、生き残って、必ずここに来よう、この像の前に」フランソワが言った。
 ギュンターはうなずいた。「ああ、必ず」
 このとき、二人は知らなかった。次にこの像の前に来るまでに、どんな試練が彼らを待ち受けているかということを。
 二人がこの場に再び立つのは、このできごとから32年後のことであった。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ